先輩の声

Voice of seniors
写真 鉄筋工事

工事部(鉄筋課)所属

増田(ますだ)

2014年入社

入社を決めた理由は?
たまたま見かけた求人情報がきっかけですね。
高校を卒業してから内装関係の仕事をしていたので、建設業の経験はありました。
内装の仕事もやりがいはあったけど、結構出張が多かったんですよね。
自分が育った那珂川で仕事がしたい!建設業の経験を活かしたい!と思ってて、そんなときに大隅工業の求人情報を見つけました。
鉄筋については全くの未経験でしたが、直感的なものもあってすぐ応募して、今に至ります。
現在の仕事内容は?
基本的には、鉄筋の配筋と取付です。
先輩職長の指示のもと作業をしたり、最近では自分が職長として、現場を任せてもらうこともあります。
職長になってからは、図面から拾い出しもするようになりました。

職長=現場で作業員を統括するリーダーのこと。
拾い出し=施工に必要な鉄筋材料(鉄筋の長さ、形状、量)を算出すること。
写真写真
この仕事のいいところ、やりがいは?
残業が少ない!なので、現場での体力仕事に体が慣れたら、仕事後のプライベートの時間も楽しめるようになると思います。
最近職長を受け持つようになって、だいぶ責任感は強くなりましたね。作業員のみなさんに指示だしするのはまだまだ慣れないし、プレッシャーもあります。でも、その緊張感がやりがいにつながってますね。
図面の見方もまだまだ分からないことがたくさんあるので、先輩達に教えてもらいながら、早く1人前の職長になりたいです!
写真写真
大隅工業のいい所は?
アットホームなところです!社員旅行や食事会があって、別の所属の社員とも交流をもてます。
でも、仕事中はアットホームという感じではないです。
先輩達はやさしさと厳しさの両方を持っていて、技術的なところはシビアに見て指摘してくれて、質問はしやすい環境です。
あとは、チャレンジする機会を与えてくれるところです!
少し上の目標ポイントを定めてくれて、挑戦して失敗しても、それをフォローしてくれる環境があります。
上司よりメッセージ
入社当時から仕事の覚えが早くて、しっかり基礎をかためてから応用していくのが上手でした。 分からないことを整理して、先輩に確認する。そのやり方も上手いなと思います。
加工場で頑張っていた増田君が、いまでは現場で職長をやってると思うと、それはもう感慨深いですね・・・今後も増田君の将来性にかなり期待しています! (加工部 部長)
写真
写真 圧接工事

工事部(圧接・溶接課)所属

刀根(とね)

2018年入社

仕事内容を教えてください。
圧接・溶接作業の手元(補助作業)です。
主に、圧接・溶接作業の要となる機器の取り付け、鉄筋の端面加工を行っています。
仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
僕が一番大切にしているのは、安全確認です。
建設現場って、結構身近なところに危険があるんですよね。
色々な工具や機器を使いますし、高所作業、大型車両の出入りもあるので。それぞれの建設現場で、安全に作業するための指導や工夫がされてますが、作業に夢中になるとついついルールを見落としがちです。
気を付けていても、巻き込まれてケガするなんてこともあるので、自分の作業だけでなく周りの方の動きも把握するように気を付けてます。
写真
成功談・失敗談を教えてください。
まだまだ失敗ばかりです・・! 例えば、鉄筋と鉄筋を圧接(接合)するときには、それぞれの鉄筋を固定する機械を取り付けるんですよね。
それが上手く取り付けできてなくて、機械が滑ってしまったことがあります。
仕事に慣れてきて、少し油断してたのかもしれないです。工程を確認しながら作業をする必要性を、再認識しました。

成功談・・・そうですね、やっぱり「ありがとう!」って声を掛けてもらう時が一番うれしいです。 例えばこの前、先を見越して自主的に行った作業や、ルーチンワークだけど丁寧に行った作業を職長さんが見てくれていて 「ありがとう!」と言ってもらいました。すごく嬉しかったですね。 作業に慣れてくるとどうしてもダレてしまいがちですが、目的を意識して仕事することを忘れないようにしたいなと思います。
写真
休日の過ごし方を教えてください。
家族サービスです!
子供がいるので、休みの日はよく外に遊びに連れていきますね。
最近赤ちゃんが産まれたので、ほぼ毎日一緒にお風呂入ってます。
この瞬間が、一日の中で一番癒される時間です!
目標を教えてください。
職長として、現場に行くことです。
「刀根に任せれば大丈夫!」と頼りにしてもらえるような職長になりたいですね。
そのためには技術だけではなくて、判断力やコミュニケーション能力、後輩の育成力など、さまざまな要素が必要になると思います。今は色々な現場で仕事をして経験を積んで、スキルアップしていきたいと思ってます!
上司よりメッセージ
刀根君のいいところは、謙虚さと素直さです。
例えばミスをした時、しっかり反省するし、次間違わないようにしようという気持ちが見られます。圧接・溶接の仕事は、もちろん緻密さを要する場合もありますが、時には良い加減を判断して、効率よく進めていくことも大事です。
刀根君は今のところ後者が得意なようですので、これから緻密さも身に付けたら、更にスキルアップできると思います。
圧接・溶接両刀使いの大活躍を、刀根君には期待していますよ! (工事部 圧接・溶接課 課長)
刀根君の成長意欲、とても伝わってきます。その気持ちは非常に大切なものなので、大事にしてくださいね。
ただ、急成長すると何かが抜けます。焦らず確かな技術・知識を身に付けて、頼れる職長を目指して下さい!(工事部 部長)